読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカが訳ありに負けない激安価格!

。。すぐ反対する愚民が多すぎる。

イマが買い時♪

2017年02月17日 ランキング上位商品↑

アメリカ反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! [ 馬渕睦夫 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

是非、読んで下さい。日本が大東亜戦争以前のような国際的な力を持つことを抑え込もうというアメリカの意志は今でも変化していないから!アメリカ自身が表に出ることなく!中韓をうまく操って常に日本人に自虐史観を注入し続けるということは極めて大事なことだ。読んで目を覚まして下さい。こ、こっ、これは〜!!是非読んで下さい。これだから本を読むのが楽しいのです。。自民党の総理を決める前に、米国にお伺い立てると聞いていましたが、本当に日本はいつまで米国のポチなのでしょう。:WGIP(War Guilt Information Program : アメリカの日本人に対する戦争贖罪意識の植え付け作戦=現在の自虐史観の元になっているもの)の観点から現在の日米中韓の状況をみると、確かにこのタイトルは正しいと言える。是非、読んで下さい!この著者のような人が中学や高校や一般の大学で、社会科の科目の教鞭を執っていて下されば、日本人は、日本国はもっともっと心豊かに、もっともっと幸せになっていたであろうに。否々、日本もノホホンとはしておれない。出来ることなら!全国津々浦々の総ての大学の教養課程で!この本をテキスト或いはサブテキストに採用して欲しいくらいです。本屋さんで探すよりずっと簡単に手に入りました。国際政治は力きりない。イギリスの、アメリカの、有能なる首相や大統領も、時に引き摺り降ろされ、時に暗殺され、時に暗殺未遂にもなり、まさに陰で国家や政府を操る巨大な黒幕が動いており、それがただの民間人であったとは。その民間人、民間人組織に疑問を抱いたり抵抗したりしようとすれば、英米の首相も、大統領も、時に首が飛び、時に命を落とすことになろうとは!!日本は、米欧と比べればまだマシな方であるが、米欧は...これは〜、ひどい。米欧からの圧力(実際は国家や政府からの圧力ではなく!それを背後で操っている民間人とその組織)で!やれ○○緩和だの!やれ○○民営化などと如何にも正義だ!正しいことだ!と思い込まされて改革の名の下に色々やらされているが!それをやった結果我々日本人の利益が!米欧などに散らばっている特定の民間人とその組織の私腹を肥やすことに直結してしまうという恐ろしい現実。。。ひょえ〜??!!!現在までの軍事大国アメリカも!かつての大帝国主義のイギリスも!一見「国」が!「政府」が!強大なる軍事力と財力とを背景に国家レベルで世界を動かしてきたと思いがちであったが!視点を変えれば!何と一部の民間人!民間人組織の利益の為だけに国家が操られていたという現実が見えてくる。日本人は!あまりにも平和ボケし過ぎています。それを見事に暴露している本であり!是非全日本人が読んでもらいたい。自力で防衛すれば毅然とした態度がとれるだろうと!思うに。目から鱗、否々、むしろ知らずにいた方が頭の中は平々凡々とお花畑のまま過ごせたであろうに。世界は決して「国」単位で動いている訳ではない。。決してぶ厚い本ではありませんが!素晴らしい本に出会うことが出来ました。あちゃ〜っ!!・・・・・・・・・・・・・・・朝鮮や台湾も!日本が植民地支配したんだと信じたり主張したりする人々が居ますが!それも妄言虚言に過ぎないことが判ります。